大学の文化部サークルにおける部長の役割

大学の文化部サークルにおいて、部長というのは雑用係というのが最も近いかもしれません。
基本的に大学では、真面目に活動をする機会など少ないので、普段は仕事などありません。


せいぜい学園祭の前に頑張る程度で、普段は部室でゲームをしたり、居酒屋に飲みにいったりすることになります。

それなので、仕事は面白くない雑用が多くなります。

学園祭の屋台出店に関して説明を受けてくる。

運営に必要な書類を用意する。



こんなつまらない仕事ばっかりやることになります。


一応肩書は残るので、多少就職活動のときに有利になる可能性はありますが。しかし、部長というのはやはり、それなりの無形の力を持つことになります。
サークルに入会しようとしている1年生が「部長はどなたですか?」と質問してくることはよくありますし、後輩からは「部長」と呼ばれるようにもなります。

また、しょっちゅうサークルに顔をだしていれば、なんとなく活発に活動しているように感じられます。



結局、文化部においての役割はサークルのムードメーカーになることです。しかし、だからといって1人でムードを作ろうと努力する必要はありません。

誰もやりたくなくて、あみだくじでなることもあるのです。
そんなときは同級生を利用して楽しいムードを作っていきましょう。

先輩同士が楽しく遊んでいれば、後輩同士も自然に仲良くなっていきます。

しかし、せっかくのサークルです。
後輩たちが積極的に交流できるように、先輩が配慮するようにしましょう。



そのときに先陣をきって後輩に声をかけるのも、部長の役割の一つになります。

恵比寿 ヘアサロンのお勧め情報を集めました。この情報量にきっと納得できます。

モデルレッスンの情報サイトが便利です。